古くなったgulpのプラグインをチェック&更新する方法

いつもコマンドを忘れてしまうのでその備忘録です。。

このnpm-check-updatesを使うと、package.jsonに書いてあるdevDependencies(プラグイン)のバージョンと最新バージョンとで差異がないかチェックできます。

チェック後、アップデートする場合はコマンドを叩くだけで、古くなったすべてのプラグインを一括でアップデートできます。

インストール

まずはnpm-check-updatesをインストールします。

npm install -g npm-check-updates

バージョンをチェック

package.jsonが置いてあるフォルダ内で以下のコマンドを打ちます。

ncu

するとこんな感じでバージョンに差異があると黒い画面に表示してくれます。

ncu

 gulp-csscomb    ^3.0.3  →  ^3.0.6
 gulp-ruby-sass  ^0.6.0  →  ^2.0.6

Run with -u to upgrade package.json

アップデート

アップデートする場合は以下のコマンドで一括でアップデートできます。

ncu -u

するとこんな感じでアップデートしたことを表示してくれます。

ncu -u

 gulp-csscomb    ^3.0.3  →  ^3.0.6
 gulp-ruby-sass  ^0.6.0  →  ^2.0.6

package.json upgraded

チェックする際には、いろいろなオプションが用意されていて、たとえばgulp-ではじまるパッケージのみをチェックしたい時は以下のコマンドが使えます。

ncu /^gulp-/

注意点

こちらのサイトでも書かれているのですが、プラグインをアップデートした際はgulpfile.jsが動かないことがあります。。
バージョンが上がれば使い方も変わるのはしょうがないことなのですが。。
見直すのはやはり手間ですね。。

パッケージのアップデートの際の注意点

gulpfile.jsを修正しても動かないよ!という場合は、node_modulesフォルダを一度消してしまって、再度プラグインをインストールしなおすと幸せになれるかもしれません。。

Comment Form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です